ほうゆうセミナー|完全少人数制集団指導・個別指導の学習塾 進学塾 百草園 高幡不動 聖蹟桜ヶ丘 ことばの学校

当塾への入塾をご検討中の現中2生(新中3生)の保護者の皆さまへ

当塾への入塾をご検討中の現中2生(新中3生)の保護者の皆さまへ

現中2生で入塾を検討されているということは、現在お子さんが通う塾に不満があるか、これから新たに塾に通わせようとしてらっしゃるか、どちらかだと思います。

 大切なお子さんを預けるところですから、様々な塾をご検討中かと思います。

 そこで、お願いなのですが、新中3生の方で転塾、または新入塾を検討されている保護者の方は、できるだけ早く塾(他塾を含めて)の体験授業をお子さまに受けさせることをおすすめします。

 塾として「もう少し早く来てくれれば、救えたのに。もっと上げられたのに。」と思うことが実はよくあります。

 すでに現中2生は本日の時点で入試まで残りの時間が1年を切っています。

 定期テストや検定試験などの日程が決まっていますので、そこから逆算すると、中3生の学習スケジュールはかなり密になります。

 現在の入試制度では「内申」が大きな役割を占めています。私立・都立高校の推薦の基準はもちろん、都立高校を一般受検する際も内申で受検校が決まります。「内申が低くても高いレベルの高校に一発合格」と言うことはもはやありません。その内申に見合った高校しか受かりません。高校側も「内申」が高い子を求めています。だから、内申を上げることが今一番大切なのです。

 転塾をお考えの場合でも新規の入塾の場合でも、転塾あるいは入塾先の塾で、教師がその子の(学習の)特徴やくせを把握するまでには、1ヶ月以上はかかると思います。生徒本人にも塾に慣れる時間が必要です。

 「慣れた頃には1学期が終わっていた」ということは、以下の理由から絶対に避けたいのです。

 入試には3年2学期の内申が使われます。この3年2学期の内申は1学期と2学期の総合評価だと、毎年4月の三沢中の保護者会でお話があります。

 「部活動を引退した夏休みからの入塾」のお問い合わせをいただくこともありますが、その時点で内申を評価する試験の半分(1学期分)が終わっています。すでにオール4以上の評価があれば別ですが、オール3以下の場合は、ほぼ手遅れと言えます。1学期から2学期で、「本当に頑張って」上がるのは9教科全体で+3か+4です。それ以上に内申が上がることはめったにありません。ほとんど変わらないか、のんびりしていると逆に下がるのが現状です。

 以前三沢中で、先生が「3年1学期から2学期は内申は落ちて当たり前、変わらなくてラッキー、上がったら超ラッキーと思え」とおっしゃったと聞いたことがあります。確かにその通りなのです。

 以下に2学期以降でも伸びる中3生の条件を書きます。お子様はどうかご判断ください。
1. 素直だ。(与えられた課題は素直にこなせる)
2. 宿題など言われなくても自ら実行する。
3. 提出物などの期限は守る。
4. ゲーム、スマホ、タブレット、PCを我慢できる。
5. 集中力がある。
6. 長時間の学習が苦にならない。
7. 暗記力はあるほうだ。
8. 計算ミスは少ないほうだ。

この中の4つ以上は必要です。

 4つ以下でしたら、すぐに信頼できる方、または塾にご相談ください。

 以下に当塾、ほうゆうセミナーのアピールを記します。

 当塾は小さい塾ゆえに、定期テスト前に中学部の生徒全員に席を確保し定期テスト前学習道場を行うので、各学年とも定員が少なくなっています。

 定員数が少ないからこそ、教師の目が行き届き、子供たちに学習をさせる環境が整っています。

 「内申を上げて、できるだけいい高校に入学したい(させたい)」とお考えでしたら、早めに授業の体験をしてみてください。

 当塾の体験授業は2週間となります。その間にこの場所なら「学習をがんばれそうか」を確認してください。

 ちなみに近年の卒塾生で2年3学期から3年2学期の間で内申が上がった最大値はプラス9でした。オール3がオール4になる感じです。(この子の場合は上記条件の1~7が当てはまっていました)並大抵の努力ではこうはいきませんが、「何が何でも上げるんだ」という意欲を持ち続ければ実現できる可能性はあります。