「トントン,ハッ,さらさら」

「オンライン学習道場」は22時終了なのですが、22時を過ぎても学習している生徒がいれば、zoomをつなげたままにしています。

その日、22時をとうに過ぎ23時が近づいてきたころ、まだ生徒が2人zoomに残って学習していました。

一人は漢字の暗記を黙々と進めています。

もう一人は数学のワークに取り組んでいます。
ワークのB問題の後半に入り、悪戦苦闘していることがわかります。

人差し指の先を何度も机に打ち付けてトントンしながら、あれこれ考えているようです。人差し指がふっと止まると、ハッと体が動き、さらさらと書く、またトントン…。最後まで問題に取り組んでいました。

翌日、塾に提出されたワークを見ると、大きな赤丸がついていました。

「トントン、ハッ、さらさら」どうやって解くのか、考えに考えた、証ですね。