鉛筆の持ち方 その2

今から相当前のことになる。

入塾したばかりの小学生の話だ。

その子の鉛筆の持ち方が感動を覚えるくらいに、あまりにひどかった。

そのため、「鉛筆の持ち方」をその場で指導した。

その夜、保護者の方から「鉛筆の持ち方の練習など頼んでいない。大きなお世話だ」とクレーム電話があり、あっさり塾を辞められた。

この保護者の方は鉛筆の持ち方に重要性を感じなかったようだ。

前回のブログを読んでくださった中にも「なぜ鉛筆の持ち方や書き順」にこだわるのかと不思議に
思われる方がいらっしゃるのかもしれない。

確かに、今はまともな鉛筆の持ち方をしている子の方が少ない。だから保護者の方もあまり気に
されていないのかもしれない。

しかし、鉛筆の持ち方が正しくないと

・学習姿勢が悪くなる

・字を書く時に腕や指に余計な力が入る

という2点が問題になる。

さらに、

・字が雑であったり、クセ字を書きやすいので正しく判読されにくい

という、入試には不利な点もある。

「学習」中は長時間同じ姿勢でいることがどうしても多くなる。

姿勢が悪いと、体が疲れやすく、じっと座っていられないから、授業や学習に集中できない。

鉛筆の持ち方が悪いと、指や腕によけいな力が入り、手が疲れやすくなる。長時間書けないし、
字が雑になるので、学習には不利だ。何よりも見映えのいい字が書けない。(さらにひどいと、
持ち方を他人に驚かれる)

見栄えを気にしなければ、小さい頃はそんな鉛筆の持ち方でも何とかなるが、中学・高校と学年が
上がれば上がるほどこれらがネックとなり、学習に支障が出てくることになる。

そういう将来のことまで考えて指導しているつもりだが、理解されにくいようだ。

「学習」のためには、そういう基本的な学習以前の事柄が実は重要であるということを
ご承知いただきたいと切に願う。かけ算九九と同じくらいに。