ぷれ暗記道場

本日は中3生を対象に「ぷれ暗記道場」を行った。

この「ぷれ暗記道場」だが、2つのことを目的として行っている。

1つは「暗記」

もう1つは「集中すること」

この学年は中2の時もこの「ぷれ暗記道場」を経験している。

その時に比べ、一人ひとりのレベルが数段、上がっていた。

今回は初めての参加の子たちも、それにしっかりついていっていた。

これが身につけば、普段の学習に活かして効率良く「暗記」できるようになる。

塾生だけでなく、他の多くの子どもたちにも経験してほしいと思うくらいだ。

そうすれば、暗記がしやすくなるし、集中している自分の状態がわかるから、いつでもその状態に
自分を持っていくように学習ができるからだ。

また、「オンライン学習道場」での修正すべき学習ポイントの話もした。

受験までに与えられた時間は皆平等だ。

だから、限られた時間を有効に活用することが大切になる。

今の学習方法で効果が出ている子はさらに深く、修正が必要な子は早めに修正をして、一人ひとりが「力を蓄えられる学習」をしてほしい。

その日々の積み重ねが「よい結果」につながっていくのだから。