感動するワーク

昨日、中3生全員にワークを丁寧に仕上げることがいかに大切なのかを具体例を示して、話をした。

その結果、ほぼ全員が「丁寧にワークを仕上げるようにする」と「進行表」にコメントしていた。

ただ今日の様子を見ていると、「これから」丁寧に取り組む意欲があっても、それ以前に手をつけた「丁寧に仕上げていなかった」ところについてはほぼスルーのようだ。

残念ながら、もう一度見返してやり直そうとする意欲までは持てない。

まだまだ甘い。考えも行動も。

今回の道場は連休のおかげで時間が比較的たくさんある。その時間を使って、今、適当になって
しまっている部分をしっかりと取り組ませたい。そしてそれを癖づけたい。

「感動するワーク」何冊仕上げられるかな。楽しみだ。