克己

学習は1日学習したからと言って伸びるというものではない。時間を書け、手間をかけ日々努力をしたのちに結果となって表れる。

しかし、結果が表れるのには個人差があって、すぐに表れる子はいいが、ほとんどの子は時間がかかる。

なかなか表れない結果に「やっているのに伸びない」「やっても無駄だ」と勘違いして学習を止めてしまう人がいることをもったいなく思う。

私自身も経験がある。

現在受験を目前に控えた中3生には辛くても絶対にあきらめずに続けるべきだと声を大にして言いたい。

楽をすることを考えてはいけない。

最後の最後までできない問題に真摯に向き合い、できるようにすることだ。

「己に克(か)つ」「克つ」とは「困難をきりぬける」「欲望などを抑える」という意味だ。

受験生にふさわしい言葉だ。

さあ、今日も「弱克」するよ。できる・わかるを増やすよ。

そして自分の力で3年間通う高校への合格を勝ち取るよ。